パグの耳のケア。

暑い日は夜風に吹かれるのが1番。

f:id:kuwabarakazuki:20170725231720j:plain

散歩に疲れたら積極的にカゴに乗りたがる我が家のるー。

だんだんカゴに乗るのが上手くなってきて、最近ではだいぶリラックスしてます。笑

今回は、日頃の犬の耳のケアについて書いてみようと思います。

パグはどうしても耳が汚れてくると掻いたりして、健康&清潔が保てなくなりがち。

(他の犬種でも同様のことがあるかもしれませんが。。。)

ということで、我が家でやっているケアについて書いてみます。

 

まず、大きく分けて2つ。

「汚れ&荒れている時」と「普段のケア」。

1.汚れている、荒れている時には

http://www.msd-animal-health.jp/binaries/mometaotic-packshot-500x188_tcm48-26639.jpg

モメタオティックという外耳炎治療薬を動物病院で処方してもらい、

それを使用しています。

モメタオティックを使う時は、小まめに定期的に短いスパンで使うと調子が良くなりやすいです。

また、一見、すぐに綺麗になってきますが、症状が安定するまで綺麗になっても少し継続して使うのも効果的だと思います。

ただ、難点なのは、治療薬と書いてあるだけあって、ずっと使うのは気が引けます。

そこでデイリーケア用のアイテムです。

2.「普段のケア」用の洗浄液

普段の洗浄用には『ノルバサンオチック』を使用しています。

この液を耳に入れて耳をクチュクチュするだけです。 

ノルバサンオチック118ml

はじめは嫌がりますが、次第に慣れてくると思います。

また、これを使うとシャワーをした際のようにブルブルと頭を振ってくれるので、中の方の汚れも外に出てきます。

あとは、少し経った後に耳を綺麗に拭いてあげれば終わりです。

ただ、一応、少しではありますがアルコール入っていたりもするので、耳のトラブルがある場合やアレルギー体質な場合は掛かり付けの動物病院の先生にご相談のうえ、使うと良いかと思います。

最後に。。。

ちょっとした皮膚炎かなーと思ってしばらく対処しないと悪くなるケースもあるそうです。

真菌というカビの一種のマラセチアが原因の皮膚炎など、体調が悪くなって免疫が落ちている時などに発症しやすい病気もあるのでちょっとでも様子が怪しければ自分で対処せず獣医さんに診てもらいましょう。

それぞれに合ったケアの仕方を相談に乗ってくれるはずです💡

マラセチアに関して、ご参考までに

マラセチア性皮膚炎|犬の病気|動物の病気|あいむ動物病院 西船橋

くわ

にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ パグへ

にほんブログ村